本文へスキップ

生のり付き壁紙クロス通販、大阪の内装リフォーム工事店です。壁紙クロス張替え

電話でのお問い合わせは06-6768-5355

メールでのお問い合わせはこちら

 

壁紙(クロス)のメンテナンス

壁紙のお手入れ


◎粘着テープを貼らない
 セロハンテープやガムテープなどの粘着テープを壁紙に付着させない。
 テープの粘着剤が壁紙に移行し汚れ、変色などが生じるおそれがあります。

◎タバコの煙
 煙草の煙は壁紙を短時間で黄変させてしまい頑固な汚れとなります。
 お部屋の換気につとめてください。

◎薬品や化粧品など付着させない
 スプレー式の薬品(化粧品、殺虫剤、塗料など)を壁紙クロスに付着させないでください。
 
◎壁紙と塗装面を付着させない
 壁紙クロスに塗装を施した家具を密着させると塗料に反応して変色する場合があります。

◎壁紙が剥がれてきたら
 接着不良や結露などで壁紙クロスが剥がれることがあります。
 接着剤等で壁紙の裏面に圧着してください。

◎室内の換気、除湿を
 日常生活においてドアを開放するなどして風通しをよくしましょう。
 結露は壁紙クロスのシミ、カビ、剥がれの原因になります。
 結露を防ぐには日ごろから換気回数を多くするなどしてください。

◎直射日光からの保護
 壁紙クロスは直射日光が当たる場所では変退色する場合があります。
 カーテンやブラインド等で日除けを心がけてください。
 新築やクロス張替えなどリフォーム後に入居された方は換気を欠かさずに!
 




【壁紙クロスの素材別のお手入れ】

△ビニル壁紙
 壁紙表面に凹凸がある場合、歯ブラシなどを使用し軽くこすってください。
 シンナーなどの溶剤は壁紙を傷めますので避けてください。
 軽微な汚れには中性洗剤を薄めて布で拭き取り、清水でからぶきしてください。

△紙壁紙
 基本的には水拭きは避けてください。
 手垢などの汚れは消しゴムでこすり取るように落とします。
 
△織物壁紙
 この壁紙には水分は厳禁です。
 簡単な方法では消しゴムを使って落とすこともありますが高級品では光沢を消してしまうことも
 あるのでご注意ください。

△オレフィン壁紙
 ビニル壁紙と同様のお手入れで大丈夫です。